和紙を使った「風の強い日に」横浜TPAM​公演

コウゾから作られる和紙。
手間をかけ、技術を駆使して作られる。
そんな和紙を使った舞台を観に行ってきた。

Washi+Performing Arts? Project
「風の強い日に」横浜TPAM​公演。

高知の和紙産業に携わる人々と、
国内外で活躍する舞台芸術家の交流によって、

素材を生かす「芸術としての和紙」
の可能性を広げ、
和紙の魅力を再発見することが目的の
アーティストインレジデンス企画。

舞台では、男女4人が
入れ替わり立ち替わり現れ、
全身全霊を使って訴えてくる。

一瞬のうちに生まれては消える、
和紙と肉体の美しさ。

そこにあるのは何なんだろう? 
歪んだ愛? 憎しみ? 悲しみ? 希望?  

感情が揺さぶられ、息ができない。
こんな舞台を見たのは初めてだ。

終わった後は、しばし放心状態。
まったく言葉が出てこなかった。

今回の公演に声をかけてくださった
俳優の浜田あゆみさんのご実家は、
何世代にもわたって土佐和紙を
製造しているそう。

購入した土佐和紙のカレンダーに触れ、
光に透かしてみる。

何ともあたたかい。

原料であるコウゾは今、
危機に瀕しているという。

伝統ある和紙に想いを馳せたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼Washi+Performing Arts? Project Vol.3​
「風の強い日に」TPAM​公演
https://futarikkoproduce.wixsite.com/home/washi-projects-3

▼浜田さんがプロデュースする
「ふたりっこプロデュース」
https://www.facebook.com/futarikkoproduce/

▼土佐和紙プロダクツ
http://tosawashi-products.com/

BB747E3C-E97C-43C8-9C3F-8641679B9219.jpeg