長男がN高等学校に入学しました。

今日のお昼は、長男が入学したN高等学校の
オンライン入学式でした。


息子はSlackで、私と夫はニコニコ動画で視聴。
新入生はなんと、5565名。


司会は、『ドラゴン桜』の桜木建二。
バーチャルYouTuber です。
校長先生は、本校がある沖縄・伊計島の海から
巨大バーチャルで出てきて、式辞。


ざ、斬新すぎます(笑)。


ですが、奥平校長先生の眼差しは温かいものでした。


「N高校は一人ひとりの個性や興味を大切にする
学校です。N高校は一人ひとりの個性を認めていく
学校です。


ぜひ、周りの人の個性を認め、自分の個性、
存在も認められた中で、
自分がやりたいことを追求していってください。


きっと周りの人たちも真剣に応援し、
助言が得れることと思います。
N高校も、そんな皆さんを応援していきます」


そして、特別来賓の上野千鶴子さんからお祝いメッセージが。


「皆さんは、普通の高校へ行かない、行けない、
行きたくない選択をした人たちです。
皆さんは、学校からはみだした、言わば規格外れの人たちです。
N高は、そんな規格外の皆さんを受けいれる規格外れの学校です」


このくだりには、場がザワザワ...


しかし、ここからが上野さんのメッセージ。
「これからの日本と世界に必要な人材は、
何が起きるかわからない未来に立ち向かえる人です。


答えのない問いに取り組める人。
誰も考えたことのない未来を構想できる人たちです。


なぜなら世界は今、どの時代よりも予測不可能に
なっているからです。もしかしたら、それには
規格外れの人たちの方が向いているかもしれませんね。


教育は、そのための武器をあなたたちに持って
もらうためにあります。N高にはそのための装置や
ツールがたくさん用意されています。


N高は大学に似ています。自分から学びを求める
人たちにだけ、N高の装置やツールは役に立つでしょう。
教育はあなたを活かすためにあります」


「人は人と人の間でだけ育ちます。
そして他人ほど予測不可能なものはありません。
自分という未知、他人という未知、そして世界という
未知に向かって、足を踏み出してください。
世界はあなたが考えているよりももっとずっと広いです。


そして、世界はあなたが考えている以上に
あなたを歓迎してくれるはずです。
今という時間を将来の手段にせず、
今のあなたを充実して生きてください」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


上野千鶴子さん節、炸裂!心に残るメッセージでした。


通学コースを選択した長男。今は通えないので、
明日から10:30~17:05までオンライン授業が始まります。


「明日から毎日6コマ授業だよ」と苦笑い。でもちょっと嬉しそうです。


続けられるかは、まだわかりませんが、
自分という未知、他人という未知、そして世界という未知に向かって、
これからの高校生活をとにかく楽しんでほしい。


そう願っています。
追伸:
N高はオンライン学習のノウハウや運営での気づきを
綴った記事を順次noteへ公開するそうです。
学校の先生だけでなく、他の方にも参考になるかも
しれませんので、以下シェアします。

8D08CE5C-D558-4B44-B6DC-F4B0861EE005.jpeg