今年の夏も驚きと感動が!

私 「何の授業、受けてみたい?」
次男「やっちゃん(宝槻泰伸さん)の!」

ということで、今年の夏も申し込み、
参加することができました。

探究学舎の探究スペシャル。

今回は「音楽編」。

初日、次男の付き添い(見学)で行った夫が、

「音楽編、構成がすごい!
 やっちゃんの進め方もさすが!」

「クラシック音楽っていいね!
 これまで敷居が高いと思っていたけれど、
 今度コンサート行ってみない?」

と、鼻息荒く帰ってきました。

授業でオーケストラの仕組みを知り、
ソナタ形式を学び、

探究学舎のオリジナル交響曲
「探究者たち」を聴いて、
ものすごく感動したそうです。

「明日も音楽編行きたい」

と言っていたのですが、私も行きたいので、
2日目は交代することに(笑)。

午前は、ベートーヴェンに関するストーリー。
ベートーヴェンの人生に触れ、
「運命」や第九の「喜びの歌(歓喜の歌)」
に込められた想いを知り、涙、涙でした。

午後は、子どもだけでなく、
見学している親たちも
音楽を使った「謎解き」に挑戦。

これが実に面白い!

最後は予想を超えた展開に、驚き。
感心しきりでした。

クラシック音楽の奥深さを感じた「音楽編」。
見て、聴いて、感じて、味わう。
五感が刺激される素晴らしい時間でした。

翌日、次男がよくやるゲームの中に
クラシック音楽が使われていたので、
「作曲者、誰だかわかる?」と
聴いてみると、嬉しそうに
「バッハ!」と回答。

車や家のリビングでも、
ベートーヴェンやショパンなどの
クラシック音楽がかかるように。

朝、クラシック音楽をかけようとすると、
却下されていたわが家に「革命」が
起きました✨

探究学舎の皆さま、今年の夏も驚きと感動を
ありがとうございました!