惜しまれながら閉店した「アマンデン洋菓子店」の復活

47年間、地元の人々に
愛され続けたケーキ屋さんが
惜しまれながら閉店しました。

その名は「アマンデン洋菓子店」。

横浜~海老名を結ぶ相鉄線「希望ヶ丘駅」の
商店街にあるお店です。

閉店理由は、オーナーパティシエの体力の限界......

そんな時、

「絶対、このお店つぶしたらダメだ。
このお店残したい」

と立ち上がった女性がいました。

藤島幸恵さん。
(私はさちえと呼んでいます)

元々は生命保険会社で
トップクラスの営業マンとして、
またプレイングマネジャーとして、
営業マンの採用・育成をしていたさちえ。

その後独立し、コーチングのコーチや
研修講師として大活躍しています。

しかし、店舗経営は未経験。

人件費や仕入れが必要な仕事を
したことはないそう。

そんなさちえが一念発起して、
ケーキ店を復活させました!

どんな想いで新オーナーになったのか。
下記のnote、ぜひ読んでみてください。
彼女の心意気に泣けます。

47年間地元に愛され続けたお店を残したい!
~未経験の私が、洋菓子店を
オープンさせようと思った理由~

そして昨日の9月20日ーー。

満を持して、
「アマンデン洋菓子店」が新オープン!

ということで、今日夫と一緒に行ってきました。

お店の入口で、
「さちえ、おめでとう! あれ痩せた?」と
マスクをしていた別のスタッフの方に語りかけて
しまうという失態をおかしましたが...Org

(私と同じように、もう一人間違えた
 お客さんがいたそうです...笑)

ディスプレイを眺めながら、どれにしようか
楽しみながら選びました♪

オーナーのさちえは、ちょうど材料を
買いに出かけていて会えなかったのですが、
スタッフの方が電話をしてくれて、
話すことができました。

家へ帰ってから、まずはマスカットの
のったケーキをペロリ。
甘さ控えめでおいしい!

続いてたまごプリン。
なんだか、とってもなつかしい味がします。

卵と牛乳をたくさん使って蒸し上げる、
昔ながらの製法で作っているそうです。

そして、夕飯の後にはコーヒーとともに
次男が食べていたチョコレートケーキも
少しもらい......おいしい♡

保存料や合成着色料は極力使わず、
シンプルな材料で、一つひとつ
丁寧に作られているケーキ。

ちょっと食べすぎました(笑)。

地元のお客さんたちも来ていて、
これまでも、そしてこれからも
愛されるお店なんだろうなと思います。

今回はさちえに会えず、
不動の人気だというモカロールも
完売だったので、
また行く理由ができました^^

横浜にお住まいの方。
横浜に遊びに来られる方。

機会があったら、ぜひ生まれ変わった
「アマンデン洋菓子店」へ行ってみてくださいね。
(定休日:月曜日)