コーチングの感想をいただきました(30代女性、人事)

今日は、コーチングを受けられていた
クライアントさんの感想をご紹介します。

30代女性、人事の方です。


☆コーチングを受ける中で、どのような気づきや学びがありましたか?

自分がどんな自分を生きていきたいか、ということに、深く深く繋がることから
大いなる学びがありました。「ああ、これが昔からの私だな」と思うこともあれば、
「本当はこういう風にしたかったんだなぁ」という新しさに繋がって涙が出たことも
ありました。

そして私は、自分のことだけでなく、人類や、生きとし生けるものすべて(静物も含めて)
の尊厳を大切にしたいし、そうされていない現実に出会うたびに、怒っていたんだなぁ
ということを発見しました。

「怒る」というのは、自分の中に認めたくない感情でしたが、それすらコーチが、
(NVCで言うと)ニーズに繋がり受容できるよう伴走してくれたので、
あるがまま、自分の中にあるものを見つめることができました。喜んだり、怒ったり、
嬉しくて泣いたり、安心して喜怒哀楽を生きた4ヶ月だったように思います。

また、自分で自分を追い込みやすい思考のパターンがあることにも気づけました。 



☆コーチングを受けて、どのような成果がありましたか?

・自分の言葉を取り戻した。

(SNSやブログでシェアしたい文章が湧き出るようになった。
「したいこと」「すべきこと」どちらを取り扱うのか、切り分けられるようになった。)

・これからの未来を共に創っていく仲間ができた。
(新しいチームに入ることになった)

・対応しきれないほど、仕事の依頼で溢れるようになった。
(自分が何者なのか、自分と繋がって、自分の才能を生きることを決めたからだと思う)

・これまで以上に、家族に感謝できるようになった。

・何か嫌なことがあっても、「これにも意味があるとすると?」等、
 コーチが言ってくれた問いを自分に問う習慣ができた。

・心が引き裂かれるようなトラウマがフラッシュバックすることが、ほとんどなくなった。


☆コーチングを受ける前と今のあなたでは、どのような違いがありますか?

自分の過去の枠組みのパターンではもう自分が自分として生きていくことが
不可能だというくらい追い詰められている中で、でも、未来が変わり始める
予兆も感じながら、コーチングを依頼しました。

コーチに伴走していただいた4ヶ月は、「出現する未来(U理論)」で表現すると、
「プレゼンシング」までを深く深く丁寧に、Uの谷を降りていったように思っています。

後半は、コーチングだけでない、あるいは、コーチングに後押しされた、
アクションや、自己変革の仕掛けを自分に課したため、コーチングを終えてから
1ヶ月でUの谷をPerformingまで駆け上がった(というか自然にそうなった)
感じがしています。

もう、4ヶ月前が2年くらい前のようで、別人になってると思います(笑)

どのような違いがあるか、一言でいうと、ちゃんと自分に正直に、
自分を大切に生きていくことを取り戻しました。元気になりました☆


☆コーチングの感想やコーチの印象などをご自由に書いていただけたら幸いです。

大八木コーチは、頭・心・身体・魂、その全てを扱っている人です。
だから、私に対しての潜り方・潜らせ方が深いし、的確。
あとは、とにかく愛の人です!だから、慈悲もあるし、
痛みを大切に扱ってくださるし、ペースを大切にしてくださる。
才能!天才!天職!!大八木コーチだから、
トランジションを経ることができたと思ってます。



感想をお送りいただき、ありがとうございました!