ブログ

お盆ですね。

いつもと変わらず働いている方、
ゆっくり休んでいる方、

「子どもの夏休み、そろそろ終わって欲しい...」
という方(笑)、

いろいろな方がいらっしゃると思います。

9月になったら、夏の疲れをちょっと
癒すために、ゆっくり話をしたり、
話を聴いてもらったりしませんか?

どなたでもウエルカムです。

公募型開催ではありませんが、
今年も横浜で開催します。

渡邊さち、長谷川由香、大八木智子の3名でお待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

育自のための小さな魔法Part1 ㏌ 横浜
~ちょっと立ち止まる時間 ~

「育児」ではなく「育自」 。
自分を育むワークショップ(体験型講座)です。

育自の魔法にはPart1〜3まであります。

内容はいたってシンプルで、自分のことを語るだけ。

Part1:自分の人生を語る
Part2:自分の好きを語る
Part3:自分の未来を語る

いろんな切り口から「自分を大事にする」ことを学びます。
今回行うのはPart1「自分の人生を語る」。

内容はシンプルに2つだけ。
・自分はだれ?どんな人?
・自分はどんな人生を歩んできたのか?

たった2時間の短いワークですが、終わった後に「自分の人生を愛おしく」感じて、
「自分のことがもっと好きになる」ことができます。

育児や介護、仕事など忙しさの中で 「自分を置き忘れてしまってる人」
「自分に自信のない人」 「心に余裕の欲しい人」
「癒されて元気になりたい人」におすすめです。

●参加者の声●
「忘れていた自分を思い出しました。」 (40代女性)
「優しい時間。」 (30代女性)
「私は私のままでいいと思えた。」 (30代男性)
「誰かに誉められること、肯定されることに素直になりたいと思えた。」 (40代女性)
「自分ではー(マイナス)と思ってたところを+(プラス)だと思えるようになったこと。」(40代男性)
「すっきりしました〜。」(30代女性)

【日時】9月1日(土) 9:45~11:45 
   
【場所】男女共同参画センター横浜北
(アートフォーラムあざみ野)会議室1
http://www.women.city.yokohama.jp/find-fr.../c-kita/accessmap/

【参加費】2000円

【定員】10名

【申込】下記宛てにメールしてください。
    ikuji.yokohama@gmail.com

1.お名前 2.PCと携帯のアドレス 3.携帯番号 

【託児について 問い合わせ先】
アートフォーラムあざみ野「子どもの部屋」
TEL:045-910-5724 ※第4月曜をのぞく
(9時~17時)

「子どもの部屋」で事前登録し、予約すれば、利用できます。
参加者の方から「子どもの部屋」へ直接連絡していただく形です。
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-p/p-nursery/

1歳6ヵ月~小学校就学前の子ども
最初の1時間は600円。 以降30分ごとに300円
(利用前月の同日から3日前の17時まで。
※利用当日も受入れ可能な場合あり【登録済みの方のみ】)

2ヵ月~1歳5ヵ月の子ども
2時間まで 1,500円。2.5時間まで2,000円
(セミナー等の受付開始日から開催日4日前の17時まで、先着順

※保育枠に限りがありますので、早めにご連絡ください )

▼詳細はこちらをご覧ください。
(開かなければ、新しいウインドウで開いてください)
https://www.facebook.com/events/207041056673676/

次回は、10月28日(日)9:45~11:45を予定しています。
11月は、日時が決まり次第、ご案内します。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

B3B0B9ED-9FA4-44CB-8931-9EEEBBFF5DEA.jpeg

コウゾから作られる和紙。
手間をかけ、技術を駆使して作られる。
そんな和紙を使った舞台を観に行ってきた。

Washi+Performing Arts? Project
「風の強い日に」横浜TPAM​公演。

高知の和紙産業に携わる人々と、
国内外で活躍する舞台芸術家の交流によって、

素材を生かす「芸術としての和紙」
の可能性を広げ、
和紙の魅力を再発見することが目的の
アーティストインレジデンス企画。

舞台では、男女4人が
入れ替わり立ち替わり現れ、
全身全霊を使って訴えてくる。

一瞬のうちに生まれては消える、
和紙と肉体の美しさ。

そこにあるのは何なんだろう? 
歪んだ愛? 憎しみ? 悲しみ? 希望?  

感情が揺さぶられ、息ができない。
こんな舞台を見たのは初めてだ。

終わった後は、しばし放心状態。
まったく言葉が出てこなかった。

今回の公演に声をかけてくださった
俳優の浜田あゆみさんのご実家は、
何世代にもわたって土佐和紙を
製造しているそう。

購入した土佐和紙のカレンダーに触れ、
光に透かしてみる。

何ともあたたかい。

原料であるコウゾは今、
危機に瀕しているという。

伝統ある和紙に想いを馳せたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼Washi+Performing Arts? Project Vol.3​
「風の強い日に」TPAM​公演
https://futarikkoproduce.wixsite.com/home/washi-projects-3

▼浜田さんがプロデュースする
「ふたりっこプロデュース」
https://www.facebook.com/futarikkoproduce/

▼土佐和紙プロダクツ
http://tosawashi-products.com/

BB747E3C-E97C-43C8-9C3F-8641679B9219.jpeg

気分は小旅行

秋葉原で、来月の研修の打ち合わせ。
沖縄でのお仕事♡

沖縄で仕事をするのは夢だったので、
想像するだけでニマニマしてしまう。

予定よりも30分早く終わったので、
ランチできるところを
探した時にヒットしたのが「青島食堂」。

行ってみると20人位並んでいる。
ちょっと迷ったが、列に並んでみることに。

10分、20分、30分・・・

たったところで
ようやくお店に入れたが、
中にも8人ほど待っていた。
( ̄▽ ̄;)

厨房にいるお店の人に
「食券見せてください」と言われ
見せると、

「ラーメン、ねぎ、メンマ、ほうれん草増し」
と読み上げ、お店のほかの人が唱和する。

3メートル位離れたところから、
食券の文字が見えることに驚愕。

待つこと15分ーー。

席に着いたら、すぐにラーメンが出てきた。

醬油味の青島ラーメン。
見た目は真っ黒だが、
味は見た目よりあっさりしている。
生姜が入っているからかな。

スープと麺の相性がよく、
メンマ、チャーシュー、ねぎ、ほうれん草が
良いアクセントになっている。

誰一人、しゃべっている人はいない。
黙々とラーメンに正対して食べている。

そして食べ終わると、余韻を味わうことなく、
誰もがさっとお店を出て行く。

待っている人への優しさなんだろうな。

東京にいながら、小旅行をした感じ。
ちょっと幸せな気分。

C6BD3403-9F16-4CC8-86EC-4672A772D76C.jpeg

プレイバックシアター(即興再現劇)を
活用しながら、上司と部下の相互理解を促進し、

「自分の未来」と「会社の未来」を描いて
協働していくという(斬新な?)
フォローアップ研修へ。

本研修と同じく、体を動かしやすいように、
その日もビジネスカジュアルならぬ、
"カジュアルビジネス"ということで、
スニーカーを履いて企業を訪問。

部下の方(女性)は皆さん
ビジネスカジュアルでしたが、
上司の方(男性)は見事にダークスーツ。

本研修の時は、ビジネスカジュアルの男性も
いらっしゃったんですけどね・・・

今回もチームを組んでもらい、
「家族」や「職場」などのテーマで
気持ちや体験を聴き、それを即興劇に。

一人ひとりの大切な物語を聴き合い、
演じ合うことで、気が付くと
「親近感」や「つながり感」が増しているのは、
プレイバックシアターの効能だな、と。

その一方で、「家族」というテーマでは
上司も部下の方もいろいろな気持ちや物語を
語るものの、

「職場」、特に葛藤やモヤモヤに
関することになると、
多くの人が口を閉じるという・・・

語られることで見えてくる
個人の大切にしている価値観、
企業の風土、社会的な様相があると共に、

語られないことによって、
この企業にも、この社会にもある
「恐れ」や「ねばならぬ」が
感じられました。

今回、コンダクター(話し手に
インタビューする人)やアクター
(演じる人)をしている方々を見ていると、

"その人のあり方やマネジメントスタイル"
が浮かび上がってくるというのも
新たな発見でした。

プレイバックシアター、恐るべし。

その後、皆さんの関係性がどう変容し、
どんな物語が生まれたのかーー
ぜひプレイバックして欲しいです。

写真は、先月、今月と参加させて
いただいたプレイバックシアターの
稽古にて。

004F6EA8-260B-4F16-9829-A3B6785D9EBF.jpeg

13歳の誕生日

昨日は長男の誕生日。13歳に。

自分のことを振り返ると、
世の中のいろいろなことを
知り始めたのは13歳。
大人への階段を上る感じがする。

以前、取材で教えてもらった
子育ての鉄則を思い出す。

・・・・・・・・・・・・・
 3歳までは肌を離さない。
 7歳までは手を離さない。
 13歳までは目を離さない。
 19歳までは心を離さない。
・・・・・・・・・・・・・

今は目を離さない段階。
見守ることが大事なのかな。

長男はリクエストしていたパソコンを
父親から贈られてご満悦。

今日は伯父さん(私の兄)から
マイクラのPC版が届く予定。
うきうきしている。

最近、学校で職業講和を聞いて、
刺激を受けているようなので、

母(私)からは『新13歳のハローワーク』
と『13歳の進路』を手紙付きでプレゼント。

すると・・・

「ふざけんなよ~。漫画じゃなきゃ読まない」
と一蹴。

やっぱり(笑)。

活字を読むようになるのは、いつの日か。

5D1D883E-4CA3-4404-ACB4-24685BCF473B.jpeg

今年に入って横浜駅で駅構内に座り、
器を置いている人たちを何回か見かけた。

ホームレスかな...

そう思いながら、通り過ぎた。

今週そこを通ると、
その人たちはいなかった。

その代わり、『ビックイシュー』を
持って立っている人がいた。

家路を急いでいたので足早に通り過ぎたが、
「ちょっと待って」という声が
自分の中から聞こえた。

だよね。

戻って購入。

ホームレスの仕事をつくり自立を応援する
『ビッグイシュー』。350円のうち、
180円が販売者の収入になります。
https://www.bigissue.jp/

「くまのパディントン」のモデルについて
知ることのできた、スペシャル企画。

今、広がり始めている
個人が始めた小さな図書館
(マイクロ・ライブラリー)の
特集。

読み応えがありました。

EA1BA7B5-E079-41C4-884A-45A84088D9E3.jpeg

「2030SDGsカードゲームのプログラムを
創造する」研究会へ行ってきました。

お誘いを受けた時に別件あったため
お断りしたのですが、何となくこちらに
行った方が良い気がして、予定変更♪

SDGs(エスディージーズ)とは、
国連が採択したSustainable
Development Goals
(持続可能な開発目標)の略称です。

「2030 SDGs(ニイゼロサンゼロ
エスディージーズ)」は、
イマココラボが作られたカードゲームで、

SDGsの17の目標を達成するために、
現在から2030年までの道のりを
体験する、というもの。
https://imacocollabo.or.jp/games/2030sdgs/

今回はこのゲームを応用しなながら、

社会や世界をより良いものに
していくためには何が必要か?

もっとも大きなインパクトを
与えることのできる企業は
どのように変容していけばいいのか?

その事に気づいてもらうためには、
どんなプログラムを提供すればいいのか?

そんなことを考えてみよう
という研究会でした。

ももともと知っている方も多かったのですが、
参加された方々が個性的で魅力的。
ゲームも対話も実に面白い展開になりました。

このゲームを体験すると、
自分(たち)の思考や行動特性に
気がつきます。

自分(たち)の思考や行動は、
どんなインパクトを与えるのか――

「世界経済」に対しては? 
「自然環境」には? 
「他の企業」や「社会情勢」には? 

ゲームの途中でハッとし、
「システム思考」が大事だと
改めて実感する時間になりました。

この研究会に出て、
新しく2つのことをやってみました。

熱帯雨林の伐採を進行させているという、
東南アジアでのパーム油(アブラヤシ)を
使わない純国産ポテトチップスを
買ってみました。
http://northcolors.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

届いたら、子どもたちと一緒に食べながら、
パーム油についてちょっと話してみようと
思います。

それから、水口剛さんの
『ESG投資 新しい資本主義のかたち』
(日本経済新聞出版社)を購入しました。

E(環境)、S(社会)、G(企業統治)を通じて
企業の価値を探り、投資先を選別する
という動き。

こちらも届いたら、読んでみようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「2030 SDGs」を体験したい方は、
今回ゲームの進行&サポートを
してくれたタケさん(赤塚丈彦さん)と
なおさん(原田直和さん)が
ファシリテーターをされるイベントが
あるそうです。よかったら、どうぞ。

「カードゲームで世界を学んで
次の時代のヒントをつかもう
〜2030SDGs〜」

日時:1月30日(水)19:00~21:30
場所:目黒区田道住区センター三田分室 
レクリエーションホール
参加費:3000円
https://www.facebook.com/events/266493917213881/

20255ED6-9823-4D24-8483-6799F17A458A.jpeg 2F3E60A5-1285-4FF8-B5EB-2FF088F20B12.jpeg

絵本『お母さん ぼく星になったよ』の著者
白潟美栄子さんが、石川県白山市から
東京へいらっしゃいます。
https://www.facebook.com/ShirakataMieko

俳優の串間保さんが美栄子さんを迎え、
お話し会をされるそうです。

2010年5月29日の早朝――
美栄子さんのひとり息子である翔弥くんは、
脳内出血のため、突然天国へと旅立っていきました。
まだ18歳でした。

私が翔弥くんに会ったのは小学生の頃。
石川県のワンネススクールでの夏合宿でした。

◎日時:2018年2月13日(火)13:00~15:00(開場12:45)
◎会場:みんなのえんがわ池袋
◎住所:東京都豊島区池袋3-30-21 マルモビル1F 
(JR池袋駅西口C6出口より徒歩8分)

◎参加費:2,500円(お茶・お菓子付き) 
※12名様限定・要申込み

▼串間さんのブログ
https://ameblo.jp/keep-peaceloveshine/entry-12346464657.html

美栄子さんは、少人数から500名ほどの会場でも
朗読会をしています。涙活、朝活、保育園や
学校の保護者会、PTAの会合、公民館、
お寺やいろんな施設を回っているそうです。
(来て欲しいという方は、声をかけてくださいね)

美栄子さんの話を聞いたお母さんたちは、
子どもへの眼差しが変わるそう。

▼朗読会の映像です。
https://youtu.be/iPohyttcmjg

ぜひ、この機会にどうぞ。

東京駅の魅力

東京駅での仕事が好き。

駅舎を背に丸の内駅前広場から
皇居の方向を見ると、
その道が参道のように感じられる。

そしてその道は、
新たないのちが生まれる
産道のようにも感じられる。

写真は丸の内駅前広場を
一望できるレストラン。

おススメです。
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13211405/

F16E6966-D433-4315-B2D4-6D3CE61DC5C0.jpeg

横浜、大雪です!

長男が学校から帰ってきた。

制服からスキーウエアにさっと着替えて、
雪かきを始める。

目の前におじいさんやおばあさんが
お一人で住んでいる家があるので、
そこの家の階段も雪かきしていた。

こういうところに力を発揮する長男。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタッドレスタイヤを履いているので、
「車で早めに保育園へ迎えに行こうと思う」と
夫に連絡すると、

夫はもう会社を出ていて、
自分が車で迎えに行くので、雪かき含め、
「車を触らないように」言われる。
(どんだけ車が好きなんだ...苦笑)

何度かLINEのやり取りをしたものの、
夫が行くというので、任せることに。

結局、会社の帰りにそのまま歩いて
迎えに行ってくれたようだが、

帰り5分のバスの距離、
40分経つが帰ってこない。

周りの車がノーマルタイヤばかりで
大渋滞の模様・・・

その後、ほとんどバスが進まないので、
バスから降りて、歩いて帰ってくる
という連絡があった。

いろいろ夫に言いたいことはあるけれど、
それはあとでゆっくりと。 ←鬼妻(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長男は再びおじいさんやおばあさんの
家の前を雪かきしている。

良いところあるな。

・・・と思って、もう一度外へ見に行ったら、
吹雪いている中、プラスチックのスコップを
ソリにして一人で遊んでいた。

やっぱり(笑)。

今、次男と夫が帰ってきてほっと一息。

次男、「●●●(兄の名前)を手伝う!」と
スキーウエアに着替えて、外へ出て行った。

やっぱり(笑)。

さあ、お風呂をわかしておこう。

02D79E2B-447C-43C2-9DC7-34ED8E4FEE67.jpeg 180F5A66-B38C-4CDB-8AF4-3842CD857C8C.jpeg