ブログ

CAFE Petite。
https://www.facebook.com/CAFEPetiteYokohama/

横浜国大生御用達のお店(かな?)へ行ってきました。

先週、次男と行った時に、
物理学と美術を専攻する国大の院生さん
たちに出会い、話かはずんで、
たくさんおしゃべりしてきました。

美術専攻の学生さんは漫画家志望で、
これからコロコロコミックに
自分の漫画が載るそうです。

どんなストーリーが良いと思うか聞かれたので、
子どもたちが「学ぶことって楽しい!」
って思えるような漫画をぜひ描いて欲しいと要望。
これから描いてくれるかな♬

今週は、長男のリクエストで、
長男と次男を連れてお店へ。

以前、夫が「カパティのチラシ置いてくれないかな?」

と言っていたのを思い出し、
一部持っていって、オーナーに相談してみると、
快くオッケーしてくださいました。

ここが学生さんと地域の人たちを
つなぐお店になるといいなと思います。

カパティの「フィリピン体験学習旅行」申し込みは、
今週19日(金)締め切りです。

学生さん、社会人の方、どなたでも
ウエルカムです。全日程行けなくても、
大丈夫です。

夫(長曽崇)が引率 兼 通訳をしますので、
お気軽に相談してみてくださいね。

日程 は2月23日(金)〜3月6日(火)です。
詳細はこちらをご覧ください。
https://www.kapatid.org/news/20171105.html

あなたの人生が変わるかもしれません。

685446DC-D097-4A1B-B2F1-B5BCC17FED7F.jpeg

本当の自分を生きるとは――?

週末、行ってきました。
『本当の自分を生きる』出版記念イベント。

著者は、ヒデさんこと榎本英剛(えのもとひでたけ)さん。
コーチングを日本に紹介し、コーチ養成機関CTIジャパン
(現・ウェイクアップ)を創立した方です。

私がCTIのコーアクティブ・コーチングのコースに
初めて参加したのは、2007年10月。

その時ヒデさんはスコットランドのフィンドホーンに
いらしたので、私にとっては"伝説の方"でした。

帰国されてから、何度かお話しをしたことはあったものの、
じっくりヒデさんの話を聞いたことはなく。
今回「ぜひ行きたい!」と思い、申し込みをしました。

本でストーリーやメッセージを読むのも良いですが、
直接、お話を聴くのは格別です。ご本人の声(音)が
私の体の中の水と共鳴し、響き合う感覚がありました。

イベントでは、人生の新しい可能性をひらく
8つのキーメッセージのうち、3つを紹介してくださいました。

キーワードは、「内なる声」「シンクロニシティ」「流れ」。

CTIのコーチングを学び始めてから、
これらは何度も体感しているものです。

本を読んでいて目にとまったのは、
「何が起きても大丈夫」という言葉。

自分のことは心からそう思えるのですが、
日々ドキッ、ギョッとするのは子どもたちのことで・・・(笑)。

きっとここに私の人生の鍵があると思っています。
そこはサレンダー(降参)して、起きたことを眺めてみたいと思います。

本は繰り返し読めるというメリットがありますが、
ご本人を見て、声を聴いて、メッセージを受け取るのは、
また違ったインパクトがあります。

現在、北は北海道から南は沖縄まで、出版イベントが開かれています。

ぜひ、この機会にヒデさんに会い、
「本当の自分を生きる」ことに一歩踏み出してみませんか?

出版記念イベントはこちらをご覧ください。
https://peatix.com/group/68797/events

沖縄の皆さま。ヒデさんが沖縄に行くのは
2/14(水)バレンタインデーの日です♡
https://peatix.com/event/336496/view

東京周辺にお住まいの皆さま。
追加開催が決まりました!2/22(木)です。
https://peatix.com/event/342425

参加費は3900円。
新著『本当の自分を生きる』(春秋社)付きです。

この機会に、よかったらぜひ。

7A26E597-3318-45CC-AAD2-BE5A7B7EDDE5.jpeg 78668840-8483-4108-A1C0-652F6BCC66D7.jpeg

昨日は、変革期を迎えている企業の研修へ。

オブザーブや講師をする中で感じたのは、
リーダーの「あり方」や「使う言葉」が
与えるインパクト。

同じ内容を伝えるにしても、聴き手によって、
「あり方」と「言葉(話し方も含め)」を変える。

今、相手のいるところ(目線)に合わせて、
安心・安全の場を作りながら、穏やかに話し始めるのか。

未来を見据えて、鼓舞するように話すのか。

 今と未来を創るリーダーの姿のインパクトが、
じわじわと自分の中で広がっていくのを感じる
土曜の昼下がり。

5B767AE2-CE5B-4E9A-AA59-86C6008BE384.jpeg

企業研修の契約書類を「宅急便」で
送るためコンビニへ。

自宅から徒歩1分のサンクス
(からのファミリーマート)が
建て直しをしているため、
車で900メートル先のローソンへ向かう。

着払いの送り状(伝票)付きの書類を
レジに出すと、

「ヤマトさんは扱っていないんです。
ゆうパックでは送れますが...」
という返答。

「知らなかった(''_'')」

と思いながら、ヤマト運輸のウェブで、
どのコンビニで扱いがあるか調べると、
出てきたのはセブン-イレブンや
ファミリーマート、スリーエフなど。

そのローソンから700メートル
離れたセブン-イレブンへ。
無事に手続きできました。

帰ってから、会社四季報の『業界地図』
(東洋経済新報社)で
陸運・物流業界の提携関係を確認。

なるほど、なるほど。1つ勉強になりました♪

875A8B25-53DF-47AE-81A9-21A2BDEC8669.jpeg

やっと子どもたちの中学校・保育園が始まり、
通常の仕事モードに戻りました。

というわけで。

先週金曜日は、研修設計(プログラム制作)の
お仕事の打ち上げでしたが、

今日は、自治体からいただいた
「育自のための小さな魔法」
ワークショップ3回シリーズの打ち上げ。

でもって、またまた沖縄料理♡
ラゾーナ川崎にある「波照間」です。

一緒にファシリテーターをした木村史子さん
(ふみちゃん)と。

ランチなので、オリオン・・・
のノンアルコールビールにしました(笑)。

近況報告から、ふみちゃんの好きなコスメ、
私の好きな沖縄まで、ノンストップで話した2時間でした。

今年もORSC(システム・コーチング)を使って、
ワークショップをしようと話しています。

また、ご案内しますね。

3B70962A-7845-4E5F-AC50-AE57441A2649.jpeg 5FE9BD21-B2F8-4930-830D-8F10190C50DC.jpeg

新春初ワークショップ!

プレイバック・シアター研究所の代表
羽地朝和さんによる

「プレイバック・シアター 新春1Day
ワークショップ福福わらい2018」に
参加してきました。
http://playbacktheatre-lab.com/

羽地さんは沖縄の方♡
昨年からずっとお会いしたいと思っていて、
やっと念願叶いました。

印象的だったのは、羽地さんをはじめ
プレイバック・シアター研究所の皆さんが、
参加者一人ひとりをとても大事に
してくださること。

「誰もがここにいていいんだよ」と
感じるような場作りをしていらっしゃい
ました。優しく包まれる感覚が、
今も体に残っています。

今回のワークショップを通じて、
私の中でたくさんの「問い」が
生まれました。

目の前の人(テラー)が語った
ストーリーを大事にしながら、
アクターは、それをどこまで、
どう表現するのか――

どの場面を切り取るのか。
どの場面を膨らませ、
どの場面を省略するのか。

発する言葉(セリフ)、体の動き、
空間の使い方、布の使い方。

一緒に舞台に上がっている人たちと
どう協調しながら進めていくのか。

これらの「問い」を持ちながら、
プレイバックシアターの学びを
深めていきたいと思います。

お年玉にいただいた「沖縄風ぜんざい」。
冷やしてかき氷にかけたいところですが、
冬なので温めていただきたきます♡

9F10AFE4-5033-4CA7-B157-8B56AE2F166F.jpeg

夫が長男のために買ってきたものをお先に・・・

と、年末年始で少しずつ読み進めた
『漫画 君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)。

1937年に出版されて以来、今もなお読み継がれている
吉野源三郎さんの名作が漫画化されたもの。

昨年の夏に発売され、年末には15刷。
95万部を突破だとか。

学校でのいじめや友人の家の貧しさなどに直面しながら、
主人公の中学生「コペル君」は、叔父さんとの対話や
手紙&ノートのやり取りを通じて成長していく。

叔父さんは大事なことをコペル君に伝えながらも、
時々「自分で考えることが大事」と突き放す。

「答え」(と思われるもの)を伝えることはたやすいが、
自分で悩み、考えるその「プロセス」に意味や価値があり、
人を成長させるものだと改めて実感。

中学生の息子を持つ母として、
これからどんなあり方で、
どんな言葉や問いを伝えていけば良いのか――

大人にも学びの多い一冊。オススメです。

86D73A97-D187-46AE-B508-54E6A5FAD3A7.jpeg

追伸:1/9(火)の「クローズアップ現代」(NHK)で
取り上げるようです。ご参考まで。


"君たちはどう生きるか"~2018 新たな時代の処方せん~

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4081/index.html...

新年初の沖縄料理。

昨年いただいた研修設計(プログラム制作)の
お仕事の打ち上げ♡

お仕事からプライベートまで、
いろいろなお話をしたり、聴いたり。

抱腹絶倒しながら、あっという間の4時間。
楽しすぎました。

新橋の源さんは何を食べても美味しい。

いただいた沖縄のエネルギーを
仕事に活かします。

A58FF690-CE28-4ED1-9C0E-1E0A77244906.jpeg

小5からサッカーを始めた長男。
中学では、横浜にあるクラブチームに所属。

今日はサッカー初蹴り。

中1の親が豚汁を作ることになっているので、
朝から鍋一杯作る。

高校生のOBたちも集まり、
試合と試合の休憩時間に食べる。

「ありがとうございます!」
「ごちそうさまでした!」

という少年たちの言葉が清々しくて、
思わず笑顔になる。

豚汁は、家庭(鍋)によって具材が違う。

大根、にんじん、ねぎ、ごぼう、豚肉を
ベースに、

里芋の家もあれば、じゃがいもの家もあり、
こんにゃくや白菜、油揚げ、豆腐が
入っている家もある。

味付けにごま油が入る家もあれば、
しょうがが入る家もある。

どの家庭の豚汁も美味しく、
愛あふれる味だった。

長男は、他のお母さんたちが作ってくれた
豚汁を4杯食べていた。

監督から「少しですが」と、謝礼に材料費をいただく。

中3の先輩ママたちからは、お礼にと
美味しいクロワッサンをいただいた。

こうした交流が嬉しい

今年も長男に「来るなよ」と言われても、
応援に行くぞー!

と思う1月3日。

D04EBBCD-9CD2-4D10-A08A-58A97C9B1C84.jpeg

今晩は夫の家でお正月。

「ポチ袋買ってきて」という電話が
義母からありました。

お義母さん、手作りもできますよ♡

先日、日本折紙協会の理事
藤本祐子さんに取材させていただき、
箸袋とポチ袋の折り方を
教えていただきました。

「ポチ袋買い忘れちゃった!」

「お客様がいらっしゃるから、
箸袋があるといいな」

という方は、以下のfacebookページをご覧くださいね。


【ご参考】

『おりがみ4か国語テキスト100』
(日本折紙協会)
海外の方に折り方を教える時にも役立ちます♪

藤本祐子さんの『気軽に折れて楽しく使える 
かわいいポケット折り紙』(日貿出版社)は、
ちょっと上級者向け。おススメです♡